基本理念

当事務所は、クライアントのご意見・ご要望を最優先に考え、クライアントの皆様と共に問題を解決へと導く過程を重視しております。

弁護士の有する高度な専門性を背景として、業界を問わず法律問題を的確に抽出し、クライアントにとって最善の解決策をご提供します。

取扱分野

クロスボーダー取引、バンキング(シンジケート・ローン、証券化、ストラクチャード・ファイナンス、プロジェクト・ファイナンス等)、M&A 、エネルギー、石油/ガス、建設/インフラ、独占禁止法、国際争訟、破産/ADR、投資ファンドの設立及び運用、IP/IT 等、多岐にわたります。詳しくは、取扱業務をご覧ください。

リーガルサポートの例:

クロスボーダー取引のサポート: 当事務所では、長年の経験と経験に基づき、クロスボーダー取引の手続を一貫してサポートさせて頂きます。クライアントと共に、ビジネスパートナーや投資先の選択、交渉、契約成立後の実行に至るまで対応いたします。当事務所の法的専門知識、文化的理解、税制知識を生かしつつ、日本及びヨーロッパ市場への進出に向けたご支援をいたします。

契約交渉のサポート: クライアントが相手方との交渉で、重要事項で譲歩せずに、取引全体の信頼関係を構築できるよう、サポートさせて頂きます。日本及びヨーロッパ各言語の口頭及び書面いずれのコミュニケーションにも対応し、かつ、交渉過程を適切にマネジメントする能力をもって、事業の成功に向けたご支援をいたします。

クライアントの投資基準を尊重: 当事務所は、クライアントの投資基準を日本市場の基準や慣行に合わせて調整することにより、本質的な部分で妥協することなく、投資判断をすることが可能となります。クライアントと共に、常により良い投資基準を追求することにより、企業の買収・業務提携においても大きなシナジーの創出が期待できます。

契約成立後の実行: 当事務所の契約管理及びドキュメンテーションにおいては、契約成立後を見越して、クライアントが効果的に契約内容を遂行できるよう努めております。例えば、M&A契約書は、賃貸貸借表(買収対象、購入者・購入先の双方又は一方)の分析に基づいて作成しております。 デュー・ディリジェンスレポートは、買収対象、取引全体をあらゆる側面から審査しております。To-Doリストは、将来起こりうる問題点について簡潔な回答をご用意いたします。

書面・交渉における費用削減: 当事務所は、関係書類を規格化し管理することにより、弁護士費用の削減に努めて参ります。さらには、相手方の事情で、当事務所の規格以外の方法を用いる場合には、相手方と費用負担の交渉をすることも可能です。加えて、インハウス・カウンセルの研修や、当事務所とのホットラインの設置などを通じたクライアント企業の法務部のサポートも行っております。